<PR>
犬のしつけ ‐ TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の犬のしつけ講座

犬のしつけで大切なこと

▽犬のしつけとは?

犬のしつけとは、別に「お手」や「ちんちん」を教えることではありません。芸を教えることと、しつけは別物と考えてください。犬のしつけとは、犬が人間社会の中で、あなたの家族の一員として、周囲に迷惑をかけずマナーを守って暮らせるよう教えることです。

しかし、これはなかなか容易なことではありません。犬は人間とは異なる生き物だし、言葉でコミュニケーションを取ることもできません。また犬も人間と同じように性格や個性があるので、それぞれの犬に応じたしつけを行う必要があるのです。ですから本に書かれている内容を鵜呑みにしても、正しく犬をしつけられるとは限らないのです。

しかし犬はとても利口な生き物なので、意思を通じ合うことは可能です。犬と心を通じ合うために大切なことは、飼い主が犬の習性を理解し、犬の気持ちを考え、愛情を持って接することです。そうすれば、犬も人間の気持ちを理解し、人間に従うようになります。

特に犬のしつけで大切なこととして、以下のような点を挙げることができます。

  • ・犬のしつけは、なるべく飼い主が自宅で行うこと。
  • ・我慢強く、根気よくしつけを続けていくこと。
  • ・犬のしつけの基本は、「反復練習」と「ほめること」。

犬のしつけでは、忍耐が要求されます。最初はなかなか上手くいきません。しかし諦めず、何度も繰り返して教え込んでいくことが大切です。しかしあまり長時間に渡る訓練は、犬も飽きて嫌になってしまうのでやめましょう。そして犬が間違った行動を取った時にはその場できちんと叱り、正しい行動を取った時にはしっかり褒めてあげることが重要です。

▽しつけの心構えについて

犬をしつける場合、飼い主は常に同じ態度で同じ命令をするように心掛けてください。 その日の気分でしつけの方法を変えてみたり、命令を変えてみたりすると、犬は混乱してしまいます。犬をしつける場合には、一定の態度で接することが大切です。

また犬をしつける場合には、飼い主には毅然とした態度が要求されます。

確かに犬に人間のルールを一方的に押し付けるのは良くないのではないか、と感じることもあるはずです。愛犬を自由に生活させてあげたいと思う方もいらっしゃるはずです。

しかし愛犬が家族の一員として生きていくためには、人間と同じように人間社会のルールを守らせなければなりません。例えばあなたの愛犬が一日中吠えて、近所の人の迷惑になったらどうでしょう? 万一、近所の子供に噛みついて怪我をさせてしまったら? それはあなたやあなたの愛犬にとって、とても不幸なことになってしまうでしょう。

犬が可愛いからといって、好きなように甘やかすことは犬にとって決して良くありません。人間社会の中で生きていく限り、犬も人間のルールやマナーを守らなければならないのです。しかし叩いたり体罰によって人間側のマナーを押し付けるのも、良くありません。大切なことは常に愛情を持って、犬の気持ちも考えながらしつけを行っていくことです。

▽難しく考えすぎない

犬のしつけには忍耐が必要です。時にはストレスを感じることもあるでしょう。腹立たしく感じることもあるはずです。犬のしつけの本を読んで、このようにしつけなければならないと思い込んでしまうと、飼い主にとっても犬にとっても大きな負担となってしまいます。その結果、お互いの愛情や信頼関係が破綻してしまっては、元も子もありません。

犬をしつけていく時には、あまり深く悩みすぎないことも大切です。 結局のところ、なぜ犬のしつけを行うのかということです。それは人間社会の中で、飼い主と犬が共に快適に、幸せに暮らしていくためにルールを設けるということです。 あまり難しく考えすぎず、肩の力を抜いて犬のしつけを行っていくようにしましょう。


Copyright c 2007 犬のしつけWEB All Rights Reserved.