<PR>
犬のしつけ ‐ TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の犬のしつけ講座

犬のしつけ方について

▽犬のしつけ方の基本

犬のしつけで忘れてはならないことは、「愛情=甘やかす」ではないということです。 飼い犬は比較的温厚な性格をしていますが、それでも野性の本能というものを持っています。もし愛犬が人間に危害を加えてしまった場合、飼い主には刑事的責任と民事的責任が発生し、損害賠償を請求される可能性もあるので十分に気をつけてください。

犬のしつけにおける基本的な考えは、人間(飼い主)の意思をきちんと犬に伝えて理解させるということです。これは人間の子供をしつける場合と同じで、悪いことをした場合にはその場で厳しく叱り、正しい行動をした時にはしっかりと褒めてあげるということです。

アメとムチを使い分けることで、犬は、どうすれば飼い主が褒めてくれるのか、何をしたら怒られるのか、ということを理解して学んでいくことになります。犬のしつけは時間と忍耐力が要求されますが、我慢強く愛情を持って育ててあげてください。

○褒め方の基本○

犬のしつけでは、褒めてあげることがとても重要になります。褒めることは、しつけの基本とも言えます。褒め方としては頭や首をなでながら、「よしよし」と必ず声をかけてあげることが大切です。この時、犬の目をじっと見ながら声をかけてあげるようにしましょう。

○叱り方の基本○

犬が悪いことをした時には、きちんと叱ることも忘れてはいけません。叱るときの基本的な考えは、犬が悪いことをした時にその場で叱るということです。後になって叱っても、犬はなぜ叱られているのか理解できないからです。その場ですぐに叱ってあげてください。 また叱る時は、低い声でしっかりと「ダメ」「コラ」と叱って人間(飼い主)の意思を伝えることが大切です。あまり大声で叱るのも、犬にとっては良くないので注意してください。

また体罰は、なるべく避けた方がいいと思われます。体罰に関してはメリットとデメリットの双方があり、賛否両論があります。そのため判断は飼い主に委ねられます。ただしかし犬のしつけは「褒める」ことが基本だということは忘れないでください。

▽犬のしつけを行う時期

さて、犬のしつけはいつ頃から始めればいいのでしょうか?

これは早ければ早いほど良いというのが、一般的な考えです。人間の子供を育てるのと基本的な考え方は同じと言えるでしょう。しつけの時期が遅れると悪い習慣が身についてしまうので、そこからしつけを行っても矯正するのに時間がかかってしまうのです。特に赤ちゃんの犬の場合は、飼い主が母親代わりになって育てていかなければなりません。飼い主が愛情を持って、ワンちゃんを正しい方向に導いていってあげましょう。


Copyright c 2007 犬のしつけWEB All Rights Reserved.