<PR>
犬のしつけ ‐ TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の犬のしつけ講座

犬のしつけのポイント

犬をしつける上でポイントとなることが、いくつかあります。
上手に犬をしつける参考にしてください。

褒める&叱る

いいことをしたら褒め、悪いことをしたらその場ですぐに叱るというのが、しつけの基本で最も重要なことです。特に褒めるということは、犬をしつける上でとても大切です。

繰り返し

犬のしつけはとても根気のいることで、飼い主は忍耐力が要求されます。最初はなかなか言うことを聞いてくれませんし、犬はすぐに忘れてしまいます。そのため時間をかけて何度も繰り返しながら、しつけを行っていきましょう。焦らずしつけることが大切です。

時間を置いてしつける

犬の集中力は、長くても10分程度です。そのため犬が何かを覚えた後には、時間を置くことを忘れてはいけません。時間を置いて、反復練習を繰り返してしつけていきましょう。

完璧を求めない

家庭で犬を飼う場合は、介助犬のような特殊な犬ではないので完璧を求める必要はありません。ある程度できればOKということで構いません。あまり完璧を求めすぎると、飼い主も犬もストレスが溜まってしまい、お互いの信頼関係が壊れてしまいます。最低限度の基準をクリアしたら、必ずワンちゃんを褒めてあげるようにしてください。

▽犬のしつけの注意点

食事について

愛犬に食事を与える時間は、飼い主が食事を終わった後になります。食事の内容は、きちんとドッグフードを与えるようにします。ついつい人間の食事を与えたくなりますが、これを続けてしまうとドッグフードを食べなくなります。結果、愛犬の健康を害することにもなりかねません。必ず愛犬には犬用のエサを与えるようにしてください。

睡眠について

特に室内犬の場合、愛犬と一緒のベッドで寝る飼い主がいますが、これは絶対に止めてください。いつも犬と一緒に寝ていると、犬はだんだん一人で眠れなくなり、常に飼い主と一緒に寝たいと思うようになります。犬を甘やかしすぎると、犬は自分が群れのリーダーだと勘違いするようになり、飼い主に服従を求めるようになるので注意してください。

また犬と一緒に寝ることは、飼い主の健康にも良くありません。犬は様々な菌を持っています。一緒に寝ることで顔を舐められると、恐ろしい病気に感染してしまう可能性もあり得ます。愛犬は、必ず自分の檻の中で寝かせるようにしつけましょう。

甘やかしすぎない

自分の愛犬はとても可愛いものです。その可愛さのあまり、ついつい甘やかしてしまう人も少なくありません。しかし甘やかすと、犬はどんどんわがままになっていき、やがて自分を飼い主よりも上位の存在だと勘違いするようになります(権勢症候群)。

犬を中心とした生活を送ることは、しつけ上よくありません。犬は人間に従わなければならないということを、愛犬にきちんと教えてあげなければなりません。そのため食事の時間や散歩の時間などは飼い主が決定し、犬のわがままに安易に応えないようにしましょう。


Copyright c 2007 犬のしつけWEB All Rights Reserved.