<PR>
犬のしつけ ‐ TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の犬のしつけ講座

「よし」のしつけ

食事の時などに「待て」→「よし」という命令で、食事を与えます。この他にも散歩の場面でも、「よし」という号令で歩き始めます。「よし」という命令は「待て」の解除の言葉なので、これをきちんと教えておかなければ、犬は自分の判断で勝手に「待て」の状態を解除してしまいます。そのため犬のしつけでは、必ず習得させるべき命令でもあります。

解除の言葉には「よし」ではなく「いいよ」「オーケー」でも構いません。ただし家族など複数の人間が犬の世話に携わる場合、この解除の言葉は統一しておかないと犬は混乱してしまいます。また「よし」という言葉で解除を指示する場合、褒める時の「よしよし」と犬が混同しないように声の調子を変えるなどの工夫が必要になります。

基本的に犬はよく動き回る動物なので、「待て」が苦手です。あまり長時間「待て」の状態をさせていると、犬に大きなストレスを与えることになります。そのため練習の初期段階では特に、なるべく早めに「よし」という解除命令を出してあげましょう。

▽「よし」のトレーニング法

食事を与える時に「待て」をさせ、犬が我慢できなくなってきたところで「よし」の声をかけます。犬は静止していることが苦手な動物です。「待て」の状態が続くと、そわそわし始めます。そのタイミングを見計らって、「よし」と声をかけてあげましょう。

最初は長時間の我慢はできません。そのため早めに「よし」という号令を出してあげてください。「よし」という号令が「動いていい状態」だと犬が理解するようになれば、長時間でも「待て」を我慢できるようになります。しかし最初から高いレベルを犬に要求してはいけません。犬のしつけは根気よく、我慢強く続けることが何よりも重要になります。

▽散歩の場合

散歩の時にも常に飼い主がリードし、犬に行き先などを自由に判断させてはいけません。歩き始める時も、飼い主の「よし」という合図で歩き始めるようにします。もし犬が咲きに歩き出そうとした場合には、飼い主は立ち止まって「待て」を命じます。そして「よし」という合図を出して散歩をスタートするようにしましょう。


Copyright c 2007 犬のしつけWEB All Rights Reserved.