<PR>
犬のしつけ ‐ TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の犬のしつけ講座

「伏せ」のしつけ

伏せが出来ればかなりいいです

「お座り」ができるようになれば、次は「伏せ」のしつけを行いましょう。地面に伏せる姿勢は犬にとって楽なもので、また精神的に落ち着かせる効果もあります。そのため犬を長時間待たせる場合には、疲れさせないためにも「伏せ」は有効です。また「伏せ」の状態から立ち上がるのに大きな動きと時間が必要になるので、犬が近くの人に飛び掛りそうなほど興奮している場合などにも有効です。この「伏せ」もぜひしつけておきましょう。

▽「伏せ」のトレーニング法

犬が地面に伏せようとしたのを見計らって、「伏せ」という声をかけてあげることが大切です。そして上手くできた場合には、たっぷりと褒めてあげましょう。ただこの「伏せ」の状態は、犬にとって無防備な状態です。警戒心の強い犬の場合、なかなか伏せてくれません。その場合は、おやつなどを使って「伏せ」の状態に導いてあげましょう。

  • 1、まず犬に「お座り」をさせ、鼻先におやつを持って行き注意を引きつけます。
  • 2、おやつを持った手を犬に注目させながら、床にゆっくりと降ろしていきます。
  • 3、すると犬は、おやつを追って鼻先を床につける格好になります。
  • 4、これは犬にとって不自然な体勢なので、自然と「伏せ」の状態になっていきます。
  • 5、犬が地面に伏せようとした瞬間に、「伏せ」という号令をかけて上げます。
  • 6、うまくいったらそのおやつをあげ、たっぷりと褒めてあげましょう。

▽「伏せ」トレーニングのポイント

最初はおやつなどを使って、「伏せ」の状態に自然と導いてあげることが大切です。そして犬が地面に伏せようとした瞬間に、「伏せ」と声をかけてあげます。後はこの繰り返しです。最終的には、おやつがない状態でも「伏せ」ができるようにしつけていきます。

飼い主が地面を指差し、「伏せ」と言えば伏せるようになればOKです。しかし最初から上手くはいきません。焦らず、じっくりと根気よくトレーニングしていきましょう。「お座り」→「伏せ」という流れを気にするあまり、「お座り」と「伏せ」を同時に教えようとすると犬は混乱してしまいます。しつけは必ず一つ一つ教えていくよう気をつけてください。


Copyright c 2007 犬のしつけWEB All Rights Reserved.